読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikuyamaru's blog

こちらにはノンジャンルの長文などを書いています。

水飲んで、ご飯減らして、足ぐるぐるして、6時間寝てから

少し前まで漢方の医者にかかっていた。
おじいちゃん先生だ。

西洋医よりも診察の時間は長いんじゃないかと思う。私の行くふつうの内科のお医者さんはだいたい、あーんして、胸聴診、背中聴診、痛いところをちょっと押して、終わり、となる。

漢方だと、おなかと舌と脈はみるとして、何がどうなのか雑談しながらなので長い。
「あなたは、なんだっけ?」先生はいつも、前回のことを覚えていない。
尿を見て「濃いな。」「お水を飲みなさい」

まず、表裏聴診。

それから横にさせて、おなかをぽよぽよと押して「太ったかな」とくる。「ご飯を減らしなさい」。
私の症状を覚えていないのに、太ったかどうかは的確に見分けるので、複雑な気分になる。
おなかで覚えてるのかよ。
脚を押して「むくんでるな」「仕事中に足をぐるぐる回してね」
舌を出して、血圧をみて、脈をみて。「酸素は入ってるなあ。血圧は低い」
「寝てないでしょう?6時間寝ないとだめよ。」

「鼻は出る?つまる?つまるほうが重症」
言われることは毎回だいたい同じだ。

最近、どうもすっきりしないので、また行こうかなと思ったりもするが、
先に書いたような診察の光景が目に浮かぶので、
まず、水飲んで、ご飯減らして、足ぐるぐるして、6時間寝てから行こうかなって思ってしまう。
それができないから、ぜんぜん行けないでいる。
今日もにーぶい。