kikuyamaru's blog

こちらにはノンジャンルの長文などを書いています。

写真を持っていきたい方へ

あのー、保存させてくださいに許可は不要です。
そもそも表示してる時点でどっかに保存されてます。 
自分で楽しむぶんには壁紙でも印刷でもなんでもお使いください。
けど広く頒布する場合はご一報を。
コメント欄でもツイッターでも結構です。
 
肖像権とかキャラの意匠の権利とは別に写真の著作権というものがあります

写ってる本人だってのと

他人が撮ったのを勝手に持ってって自分のwebサイトで使っていいかってのは別問題です。
撮った私たちには権利があります。
たいした写真かどうかは関係ない。著作権に駄文も駄写真も関係ない。
ネットの写真は、落ちてるんじゃない。
引用のつもりであれば引用元をあきらかにする
さもなくば掲載許可を取る。
基本。
だからわたしのサイトやプロフィールには"本人は使っていい"とか書いてありません。
心情的にはどうぞですが、法令の前にあってそこを特別扱いしたくはないからです。
コンテンツでメシを食うプロだったりすればなおさらです。
 
勝手に使ってなにがわるいか?
ひとことでいうと、行儀がわるい。あと気分が。
 
使っていいか聞かれれば断ったことはありません。いまのところは。
出典を明らかにすればよいです、と答えています。
 
さて、これ、表に載せる?;^_^A
お互いさまなとこもあるから、ちとはばかられるね。
載ってることがあったら、なんかぶち切れたんだなと思ってください。
 
追記:
勝手に自分のものが使われてたのを知っていやだなと思うのはいけないことでしょうか?
 
あと、写真を撮ってよいという団体も、撮っちゃダメという団体もあります。
写真は宣伝になるからどんどんとって拡散してくださいというところもあれば、
その写真を売ればお金になるのだから、撮らないでください、その代わり商品を買ってくださいっていうときもありますよね。それはその人たちの考え方・戦略によるものであるから、見る側は従うまでです。LHだってあるよね、とっちゃいけないとこ。
撮らせてあげている代わりに(?)、被写体の側がその写真を使いますよ、っていう了解が最初からある場合もあります。その場合も従うまでですね。
その話(撮られた人モノに起因すること)と、撮った写真が知らないところで使われてたらおこだよって話を混ぜたらあかんと思います。
僕はぜんぜん構わないよ、って、写った人が言ってるのに、撮った人間がめくじらをたてるのがきっとおかしく見えるんでしょうね。でも、いい写真が撮れたなあって思ってたものが、しれっと他の人のブログに載ってたら、怒っちゃダメなの?
広告を非表示にする