読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikuyamaru's blog

こちらにはノンジャンルの長文などを書いています。

一緒に支えましょう!じゃなく、楽しいから行きましょうって誘いたいですよねえ

パフォーマーだって霞を喰って生きてるわけじゃないんだから、金払え、は、真実そうなんだけど、「チケット代を」出すことに対して、喰わせるために、存続させるために、っていう意識のほうが大きくなるのは、私はバランス的にきもちわりーなと思う。そうじゃない。experienceに払う値段だぜ。

この芝居に4千円(例)払うのが高いか安いか、このブツに500円払うのがまともかどうか。そういう感覚は持っていたい。

 
見知った俳優さんが増えて、小劇場に行くことが多くなりましたが、その4千円握りしめて、歌舞伎座に行って、一幕見の切符売り場で「最後まで」って言って半日居続ける方がずっと素敵、って観劇の間じゅう考えてる(ひどいな自分)ような芝居がたびたびあってやな、
そういうものに対して、あちらの採算を考えれば妥当とか、この小屋なら相場とか納得したくはない。お客にはお客の感覚というものがあるぞ。この芝居に、この経験に、納得はしていない。だが、かかるもんはしょうがないから払う。だ。あ、バンドも同じですよ。
 
実際は行きますよ。中味と値段はどうあれ行く、とかある。
ですが、互助会みたいな理由よりは、真にそれが見たい、聴きたいと思って行けるほうが、ずっとしあわせだし、見た結果、満足なものであった、美味かった、って帰りたい。
 
写真だって、舞台のいい写真、後から出してみて、こんとき良かったなあって思えるような写真はね、何枚買おうかなあって吟味して、選ぶのも見るのも楽しいよ。そういうアルバムも持っております。
でもさあ、これが役者のインカムになるのでお願いしますっ、ってできあいのチェキ写真売られてもやな、それが同じ500円(例)?え?1000円(例)?へぇ。それは写真の対価?。否。システムになってるご祝儀だよね。だったらぁ、なにも買わずに、のし袋に入れてお金渡す方が心情にあってる。
舞台おめでとう。ご祝儀じゃ。あなたのがんばりを見られて嬉しい。でもこの芝居のチケットはこの芝居にしては高い。あ、そのプリクラみたいな写真は要らないです。てな。
それかね、もう、運営資金用募金箱おいといてくれてもいいくらいだ。お札入れとくー、あ?プリクラくれるの?じゃあもらいます。わーい。ありがと。おまけ豪華ぁ。
…気分が違うやろ(笑)。
そうもいかんでしょうから、せめて欲しくなるようなものを置いてください。(難しい注文w)
 
まあ、なにかというとですね、俳優さんなりバンドなりは、見て聴いてなんぼだと思うんですよ。そうなんだけど、楽しみよりも義侠心の部分が多くなるとつまんないんですよ。値段が見合わないというのは、義侠心成分で補うしかなくなるので、さらにつまんなくなる。それをさぁ、支えるために行きましょう!ってアタシは誘えねえ。
ああ、これはいまの私の考えですからね。
なんであってもお金を払って貢献できること自体が気持ちいい、あるいは心情に合っていると思う人はそれでいいと思う。好きずきです。気持ちよくどんどん払ってください。
 
逆に、お茶の間から出てこない人に関しては、ちょっと路上パフォーマンスでも見る機会があるといいと思うんだよね。
私たちはこれでメシを食ってます、ここにお金を入れてくださいってはっきり言ってくれるやつ。
「目の前の人は、これで飯食ってる」と「この芸に幾ら出せる」を突き合わせて考えるきっかけになると思うわ。